久々の旅(建築巡り)

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館へ
企画展「静けさの創造」が、終了間近なので思い切って出かけました。
交通手段は車で・・・松本から高山へ、吉島家住宅を訪れ、世界遺産の白川郷、越中五箇山を巡り、金沢に入りました。
その後、那谷寺などを訪れ、富山の話題の二つの美術館を見学。

帰路で、長野の善光寺、県立美術館に寄り、最後に碓氷峠、めがね橋をドライブして帰ってきました。

合計1,400㎞の旅。二人で半分づつの運転。
盛り沢山でハードな旅でしたが、内容の濃い研修となりました。

   吉島家住宅
  白川郷
  九谷焼美術館
   めがね橋

主な目的だった金沢建築館「静けさの創造」
谷口吉生の初期から現在までの作品の模型、図面、写真が展示。
学生時代に訪れた、資生堂アートハウス、土門拳記念館から
ニューヨーク近代美術館などまで。

今回の旅でも、金沢建築館、鈴木大拙館、片山津温泉総湯、長野県信濃美術館
東山魁夷館を訪れました。
「建築と自然が干渉しあい、風景が作られるとき・・・」とありましたが、
初期の作品から一貫していて、それが進化していました。

  金沢建築館
  鈴木大拙館
  片山津温泉 総湯
  東山魁夷館
  長野県立美術館

富山の2つの美術館

隈研吾のTOYOMAキラリと、内藤廣の富山県美術館
二つともレベルの非常に高い建物でした。

富山県美術館は、美しい立山連峰を取り込むため、東向きは一面ガラス張りの壁面。冨岩運河環水公園との一体感と雄大な景色は、旅人には大きな感動でした。

  TOYOMAキラリ
  富山県美術館

那谷寺

奇岩と苔の寺・・・北陸へ行ったら必見と思っていました。
期待通りでした。

  那谷寺

2022 筍

いつの間にか、季節は春。
そして、桜前線も関東より北へ。
収束しないコロナとウクライナでの惨劇。
特に、ウクライナでの出来事は、現代社会でこんなことをおこしてしまう
人間の不明さを痛感します。
一日も早く、平和が訪れることを願います。

家のまわりの春を集めてみました。

サクラ
タンポポとツクシ
タケノコほり
チューリップ
ミツバツツジ

初詣  2022

あけましておめでとうございます
皆様のご健康と ご多幸をお祈りいたします

手水舎の縁起の良い飾り付け(カエルの目が10で、おめでとう)

地元東庄町の東大社
元旦の午前中に、密を避けてお参りして来ました。

仕事をかき集めることができるように熊手を購入
表情の豊かな干支の寅

秋から冬へ 2021

コロナの感染者数が減り、一安心と思っていたところ、変異株・・・
なかなか先が見通せません。
来年こそ、日常を取り戻せることを願っています。

私の地元では、鮮やかな紅葉はありませんが庭の樹木を紹介します。

色づいたドウダンツツジ 10.31
色づき始めたイチョウ 11.30 落葉したケヤキ 11.30
モミジ 12.5 モミジ 12.5
センリョウ 12.5

暑中お見舞い 2021 

暑中お見舞い申し上げます。
梅雨明けと共に猛暑・・・
現場の皆様、熱中症等には十分に
気を付けて下さい。
大切なのは、水分補給と休憩です。

東京オリンピックが開幕しました。
無観客の中でも、アスリートの夢が叶う
大会になることを祈念します。

2021盛夏

マイホーム・マイリゾート

青馬(おおま)の家

20年前に、設計・監理した木造平屋建ての「青馬の家」
縁あって、引き継ぐことになりました。
今春から長男夫妻と孫が住んでいます。

東側外観
居間
南側の庭
広い分、手入れが大変です
紫陽花

謹賀新年 2021

あけましておめでとうございます。
皆様の ご健勝と、ご多幸を
お祈り申し上げます。
新たな生活様式が
いずれ地域の活性化の方向へ
進んでいくことを願っています。